読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモの端っこ

さーかむとかいうポケ勢の備忘録

ORASシングルレートシーズン11使用構築

 シュバーン。さーかむです。
 今回の記事は、シーズン11で使用した構築です。最終レートは2007。自身最高レートにして初の2000突破!おめでとう!!零度スイクン下さい!!!!

 使用した並びはこちら。
ガルーラ ガブリアス
ゲンガー ボルトロス
ファイアロー キノガッサ

 この構築を組み始めたきっかけは、対面構築を使用したいという気まぐれから。最近の対面構築は、ゴツメスイクンやラムバシャーモ等、相手の高火力ポケモンを止めたり、妨害をかいくぐって起点にされないように立ち回れるものが一般的ですね。しかしBW2オフライン老害の私はこの風潮が気に入りませんでした()
 BW2発売後しばらくして、対面構築という言葉がネット上で見られるようになりました。相手ポケモンとの相性に強く縛られにくい、最低でも相手ポケモンを1匹もっていける、対面性能の高いポケモンを6匹並べたもの。ボルト/ガッサ/マンムー/カイリュー/ハッサムの5匹が入っているものをよく見ましたね。ボルトガッサは言わずもがな妨害機能が高く、後出ししづらいポケモンを低負担で繰り出すことが可能。さらに当時はハッサムの通りがすこぶる高い上に、テクニガッサの解禁、ジュエルの存在によりボルトカイリューハッサムがトンでも火力を実現などなど、枚挙に暇がない程のラインナップで一躍環境を風靡した訳であります。

 とまあべらべらとのたまいましたが、要するに高火力押しつけ楽しい~(^o^)

 不利対面をなるべく作らず、対面(タイマン)性能の高いポケンモを6匹並べ、こちらが主導を握った状態で1-1交換を狙いにいけば勝てる!脳味噌プリンである。

個別紹介
ガルーラ@ナイト
陽気ASぶっぱ
捨て身/猫騙し/地震/冷凍パンチ
 どっかの記事で見たとか言わない。第六世代最強のタイマンポケモンにしてガルットモンスター。きっと来世代はパッケージか出禁であろう。採用した理由はガルーラであるからですね。
 受けポケモンが裏に見えている場合でも果敢に猫を撃つ。少しでも削る。雑に扱っても最終的にこちらが多くポケモンを倒せばいい() ゴツメスイクンには雑にガッサを投げれば勝てるんでね(((
 裏に受けポケモンがおらず、ゲンガーがいる場合、相手はかなりの確率でゲンガー投げをしてくるのでメガらず猫。こいつホントに単ノーマルタイプなのだろうか。
 疑問に思ったのは、先発バシャーモ対面で、お相手のほとんどが守らずに突っ込んできた事。素早さ種族値ご存じない???

ガブリアス@スカーフ
意地っ張りAS
逆鱗/地震/ストーンエッジ/寝言
 どっかの記事で見たとか言わない(2回目)。採用理由は高火力逆鱗。有利な状況を作ってあげれば確実に1体もっていって裏を確認できるのが優秀ですね。ただ環境にスカガブ大杉ワロタだったので、お祈りが必要な場面が多かった。カイリューを採用しなかった理由はなんといっても素早さの差と地震が一致でないからですね。HPミリのガルーラに飛んできたガルーラに対して雑に投げると鮫肌ダメが入って楽しかった(ヤンキープレイかは諸説)。エッジを一回も外さなかったので偉い。

ゲンガー@ナイト
臆病HS
シャドボ/ヘド爆/挑発/道連れ
 使うのヘタクソすぎて上手く扱えてない感。1-1交換と言えばコイツですよね。こご風採用したり気合玉を使ってみたりしたけれど、なんかこれに落ち着いた。ナットとかバナが重いので一応そいつらをメタ対象とした。受けルはバンギが潰れたらこいつで暴れられますね。まあ1回しかマッチしなかったですけど。ガルガブゲンというやつを一回使ってみたかっただけでもある()

ボルトロス@命の珠
臆病CS
10万ボルト/めざ氷/草結び/電磁波
 ガルガブゲンの並びで比較的面倒なアロー・スイクンに対して採用。その場合は明らかに耐久ボルトとかミトムの方がいいなと感じる。ガルーラに対して受け出しされるボルトやジャローダに対して、麻痺撒き読みで投げることが可能で、ダメージレース的に有利な状況を作ることが出来た。もちろん相手のエースを麻痺らせて、後続のガルーラで安全に処理するルートを構築する。普通ですねw
 マンムーをシバけると思いきや、珠がバレてから礫撃たれるので、も~ダメでしょ~(笑)

ファイアロー@鋭い嘴
意地っ張りで準速100族抜き、Aぶっぱでダウンロード対策されてる奴(数値載せるのがダルい)
ブレバ/フレドラ/羽休め/剣舞
 ここまできてゲンガーの道連れ以外でバナナットの処理が不完全であったために採用。まあ疾風ブレバの対面性能が高いから入れたんですけどwwww
 初めは挑発や鬼火を採用していたものの、構築の性質上スピーディに相手のポケモンの残数を減らすことを重視していたために、2サイクル目以降でHPのリカバーを可能にする羽休めを採用しました。反動ダメのリカバーを可能にしたので、自身が攻撃したせいで落ちる事態を防ぐルートを獲得し、抜き性能が上がったように体感しました。ボルトの麻痺と併せて優秀でしたね。
 先程の、ガルに対して守らず突っ込むバシャは、もしかしたらこいつの後投げを読んでいたのかもしれませんね。確かに見た目格闘重いわ()

キノガッサ@気合いの襷
意地っ張りAS
マッパ/種ガン/岩封/胞子
 元祖タイマンポケモン。草ポケモンの排除が済んだら暴れましょう。特筆することがない。ゴツメスイクンに対して後投げする程度には耐久があった。スイクンの処理が楽で楽でwwww
 クレセリアを処理する数少ないポケモンでした。一応対クレセで無敗。



基本選出
対スタン・サイクル系
ガルーラ+ガブリアス+キノガッサ
 ほぼこいつらですね。スイクンクレセが出てきたらガッサで処理。

相手のパーティに草タイプのポケモン(ジャロ・バナ・ナット)がいた場合
ガルーラ+ガブリアス+ファイアロー
 ほぼ間違いなくガッサに対して選出されるので、アローを選出。ブレバの通りが良ければその時点で剣舞しタテる。ボルトがいたらフレドラ、スイクンの場合はそのままブレバをし、2サイクル目で剣舞しブレバで倒せる(はず)。

アローもガッサも出したらサイクルを回されて、明らかにこちらがタヒぬ場合
ゲンガー+ボルトロス+ファイアロー
 つまり耐久電気枠と耐久草枠が両方いるような構築など。ゲンガーで一匹カットし、ボルトで相手を麻痺させ疲弊させた後、アローで2匹潰す。これが正解なのかは分からない()

ゲンガー+ファイアロー+キノガッサ
 なんか数回この選出をした。これでも勝てたので官軍()


総括と後語りなど()
 すごい即席で作ったのに、2000いって嬉しかった(小並感) ボルトの枠は考察不足であると思いますが、ガルーラ/ガブリアス/ファイアロー/キノガッサまでは、ORAS対面構築のメンツとして確定させていいのではないでしょうか。まあ他の枠は誰かしらが研究するだろwwww ただテンプレポケモン6匹が並んでいたので、レートをやる理由が自分オリジナルのポケモンを使いたいという方には不向きでしょう。レートが上がることだけが楽しみであったのでね。そもそも効率的に勝ちを狙いにいくことが対面構築のコンセプトですので、勝ち狙いのオフなどでは使い勝手が良いでしょうね。
 さて来期は過去作解禁ですね。零度スイクンや力尽くランドロス、泥かけガルーラなど、楽しいポケモンがいっぱいいっぱい!!1!環境の大幅な変化が見込まれるので、ぼくも新しいパーティを作る予定です。今まで使ったことのない新しいメガポケモンを使用するつもりなので、今から楽しみ~(^o^) ただシーズン12中は非常に忙しくなりそうなので、もしかしたらサボっちゃうかな(笑) 来期も2000いけたら嬉しいです。

 ここまでご閲覧ありがとうございました。